chi-すまいる

初妊婦で初専業主婦。節約しながらのんびり生活を綴っていきます♪

逆子がなおって安心!

妊娠31週の検診で逆子だと

先生から言われました。

え!逆子⁈

2週間前の検診では頭は下だったはず!

 

女に生まれたからには普通分娩を経験したい!と私は思っていたので、

帝王切開はどうしても避けたい…。

どうにかして逆子をなおさねば!

 

助産師さんの話によると

この時期は赤ちゃんがお腹の中で動き回れるだけのスペースがまだあるので

そこまで心配しなくても大丈夫とのこと。

加えてお腹の子は平均より少し小さめだったので、尚更動きやすいかもと。

良かった〜。

まだ望みはある!

 

とりあえず次の検診まで、

逆子体操をして下さいと指示されました。

体操っていうからてっきり

動き回るものだと思いきや

寝る前に腰を高くした姿勢をとるだけ。

f:id:chica-am:20180410110918j:image

f:id:chica-am:20180410110920j:image

腹帯やガードルなどのお腹を締め付けているものを取った状態で

どちらかとりやすい姿勢を10〜15分とるだけ。

寝る前のリラックスした状態でやるのがオススメとのことです。

 

早速、その日の夜から実践!

膝胸位の方が楽そうだなと思ったので、私はそちらを選択しました。

やってみると10〜15分って意外と

長い!

けっこうキツイかも〜。

お腹が張って来た時は必ず中断してくださいとのことでしたが、

張ってはいないので頑張って続けました。

体操後は横向きになってゆっくり休んでいるのが良いそうです。

 

また、調べてみると

冷えも逆子になってしまう原因の1つと考えられているんだとか。

私は元々冷え性だったので、どきり!

冬が去って暖かくなって来始めていた時期でしたが、

少し厚めの靴下を履いたり、

腹巻をしたり、

湯舟でゆっくり温まったり、

とにかく下半身を冷やさないように気をつけました。

 

私はやりませんでしたが、

その他にも

逆子に効くツボもあるみたいです。

私の友達はくるぶしのツボにお灸をして

逆子をなおしたとか。

 

逆子体操と冷え対策を続けて1週間ほどたった日。

いきなり肋骨を蹴られたような感覚が!

以前から胎動がかなり激しめのベビーなため結構痛い…。

でも、今までは下の方を蹴られていた感覚があったので肋骨側を蹴られたという事は向きがなおったかも!

と少し期待。

でもちゃんとエコーでみてみないとわからないので、その後の1週間も逆子対策は継続しました。

 

そして迎えた33週の検診日。

エコーの前に

お腹の様子をみるなり先生が

逆子なおってるっぽいねぇ。と一言。

なんでわかったのかはよくわかりませんが、長年の感覚でしょうか。

そして、エコーをみると本当になおってました!

嬉しかった〜。

この先また逆子になる可能性は低いということなので、とりあえず安心。

 

無事に生まれてきますように…。